レコード化希望(第4回)

WRITER
DJ 吉沢 Dynamite.jp

レコードでDJする事がほとんどな私としましては、CD音源しかない物でも出来ればアナログでプレイしたいんですよね。と言う訳で以前にも書かせてもらいました、7インチレコード化希望!です。

ところで、7インチを作るにあたり、あまり知られていないアーティストの場合はプロモーションも兼ねての7インチ化が実現しているように思えるのですが、既に有名なアーティストの場合はそれもいらないので、儲けにならない7インチよりLPでのアナログをリリースしている傾向があるように思いますがどうでしょう?勿論、アーティストの意向次第かもしれませんが。近年の7インチブーム(一部でしょうが)に乗って有名なアーティストも7インチで欲しいと思う今日この頃です。

■You And I / 中西圭三 (『STEPS』1993年)

当時”カメリアダイヤモンド”のCMで流れていて、ブラコン・テイストないい曲だなぁと思った記憶があります。B面も同じく”カメリア~”のタイアップであるヒット曲「Woman」でも良いですが、テイストが似てしまうのでアルバム2曲目のストリングスがフィラデルフィアのPHILLY DEVOTIONS「I Just Can’t Say Good Bye」風な「Gloly Days」でもいいかなぁ?ZOO「Choo Choo Train」の作者なのでちょっと似ております。

■黄金の月 / スガシカオ (『CLOVER』1997年)

これも忘れもしません。当時私がシアターブルックに在籍していた頃、メンバーと車移動していた車内のFMから流れてきました。一聴して惹きつけられ「誰だ?」となり、声質から南佳孝さん?と思いましたがスガさんでした。その後はリーダーの佐藤タイジとの交流もあり何度か一緒にライヴもやりましたが、生で聴けた「黄金の月」に鳥肌が立ちましたね。でも、このチープな打ち込みがいい味を出してるこのVer.が最高です!アナログが出なかったらダブプレートを作って個人的に楽しみたい名曲です。

■サイドシート / 葛谷葉子 (『MUSIC GREETINGS VOLUME TWO』2001年)

和製R&B界信頼の松尾”KC”潔プロデュースによるアルバムより。先行シングルでリリースされたタイトル曲は鷺巣詩郎サウンド・プロデュース&アレンジの心地よくアッパーなディスコ・チューン。そしてB面として個人的にもう1曲に絞るなら、メロウ極まりない良質R&Bの「Shinin’ Day」が最高です。実はCDでプレイしてたのはこの曲なんですが、A面がアッパーでB面がしっとりの方がいいかなぁ?と思いましてのダブルサイダー仕様です。

サイドシート : http://recochoku.jp/album/A2000283747/
Shinin’ Day:http://recochoku.jp/album/A2000283748/
※YouTubeがなかったので、レコチョクのリンクです

と言う訳で、今回は比較的有名なアーティストでしたが、有名だからこそ7インチでも欲しいと思う人はいると思うんですが。色々とありそうですね。DJなんて狭い世界でしょうが名曲を後世に残す手段として私なら絶対プレイします!まぁCDやPCでプレイしても残せるんですがねw

DJ 吉沢 Dynamite.jp
94~02年迄バンドTHEATRE BROOKのDJとして活動。2015年、リットーミュージックよりJapanese Groove Disc Guide「和モノA to Z」の監修・執筆を担当。近年の和モノ・シーンのトップDJである。
既存曲をそのままプレイするに飽き足らず、スクラッチやサンプラーを用いてのフィンガードラミングやマイク・パフォーマンスを交えたライヴ感120%!エンターテイメントDJ!!

世界中のレコードを、その手の中に

  • Google Playでアプリをダウンロード
  • App Storeからアプリをダウンロード

新着記事

すべての記事をdig!